B型肝炎訴訟で和解した人たちの体験談集

B型肝炎訴訟で和解した人たちの体験談集

B型肝炎訴訟で悩んでいたとしても、実際に和解が成立した人のリアルな”声”を聞くのは難しものです。当サイトでは実際に和解が成立し給付金を支給された方々のお話を伺いました。感染が発覚した際の状況から給付金を受け取るまで、そして訴訟を考えている人たちへのメッセージを頂きました。

 

 

B型肝炎訴訟で和解した人たちの体験談集 一覧

亡き母のB型肝炎給付金 まさか受け取ることが出来るなんて
(40代 男性)

B型肝炎訴訟を諦めてしまう原因の1つに『感染者が亡くなってしまっている場合』があります。今回話を聞いたAさんは亡くなったお母さまのB型肝炎訴訟を起こされました。給付金3600万円までの道のりを伺いました。

→亡き母のB型肝炎給付金(40代 男性)

健康診断でB型肝炎の感染が発覚!将来の健康のために
(30代 女性)

B型肝炎の給付金を諦めてしまっている人の中には『自分が対象だとは思ってなかった…』という人が少なくありません。しかし、気づかなかったで諦められるほど給付金は軽いモノではありません。ということで今回はB型肝炎給付金の対象者を説明します。

→健康診断でB型肝炎の感染が発覚!(30代 女性)

B型肝炎給付金の証拠あり!1200万円の支給を受けました
(50代男性)

B型肝炎訴訟を起こすには弁護士の力が必要不可欠です。現在、B型肝炎訴訟を起こすには弁護士に依頼するか弁護団に依頼する必要があります。ではこの2者に違いはあるのでしょうか?どちらに依頼するべきかを徹底検証!

→B型肝炎給付金の証拠あり!(50代男性)

B型肝炎キャリアから慢性肝炎へ 追加給付を受けた女性
(40代 女性)

B型肝炎は進行性の病気であるため、いつ症状が悪化するかは分かりません。既に給付金を支給されていても症状が悪化した場合にはそれに応じた給付金を追加請求できます。今回はそんな追加給付を受けた女性の体験談です。

→B型肝炎の追加給付を受けた女性(40代 女性)

 

『私は給付金の対象なの?』と悩んだら…
最短1分で完了!B型肝炎給付金の無料診断シュミレーター

 

 

 

B型肝炎の教科書 その他のカテゴリーをチェック