B型肝炎訴訟 今後の予想と注意点

B型肝炎訴訟 今後の予想と注意点

B型肝炎訴訟を起こすべき理由は給付金を受け取るためだけではないと管理人は考えています。それ以上に大きな意味があると思っていますので是非確認してください。

 

集団予防接種によるB型肝炎感染の補償の今後

B型肝炎訴訟の歴史で説明したように、B型肝炎の給付金が支給されるようになったのには国を相手取った訴訟の結果です。これにより弁護団に参加していない人でも給付金を受け取ることが出来るようになりました。

 

そして今、B型肝炎訴訟に対して別の動きが起きています。
それがB型肝炎の治療に関する補償金の支給です。

 

当然ですが給付金を貰ってもB型肝炎が完治するワケではありません。給付金を受け取った後に症状が悪化する場合もあります。期限内であれば追加で給付金を受け取ることも出来ますが、期限が過ぎてしまえば追加で給付金を受け取ることはできません。そのような場合のために、B型肝炎の治療にかかる費用に対する給付がされる可能性があるのです。

 

この時に注意しなければいけないのは、治療費に対する給付金の支給が始まった場合に”過去にB型肝炎訴訟を起こしている”ことが条件付けられる可能性があるということです。無症候性キャリアである為に給付金を諦めてしまっている人がいますが、今後症状が悪化することも考えられます。その時に、B型肝炎訴訟を起こしていないと治療費の給付を受けられないという事態が考えられます。

 

B型肝炎訴訟は一時的な給付金の為ではなく、将来受けられるかも知れない補償の為に起こすものだと考える必要があるでしょう。

 

上記の内容は管理人の推測の部分もあります。必ずそうなると言うことではありません。

 

 

 

『私は給付金の対象なの?』と悩んだら…
最短1分で完了!B型肝炎給付金の無料診断シュミレーター